LCCを利用すると受託手荷物が有料

飛行機代を安くするのはフライトを伴う国内旅行に行くときに重要な観点ですが、国内線のチケットを安くしたいときには手荷物に工夫をする必要があります。LCCを利用すると格安航空券を利用することができるものの、通常はLCCの場合には受託手荷物が有料になっているからです。機内に持ちこめる手荷物についても厳しくなっていて、7kgまでしか持ち込めない場合や身の回り品と手荷物を合わせて10kgまでしか持ち込めないということもあります。受託手荷物については数千円という単位で費用がかかってしまうことになるので受託手荷物をいかになくし、さらに機内に持ちこめるように手荷物を整理するのが飛行機旅行を安く済ませるために重要です。

宅配便を活用する工夫

荷物がどうしても多くなってしまうというときには手荷物として持ちこめる分を用意して、残りは宅配便を使うという方法もあります。宿泊を予定している飛行機旅行なら、予めホテルや旅館に連絡しておくと宅配便を受け取っておいてチェックインのときに渡してもらえることは珍しくありません。帰りについても不要なものは全て宅配便で送ってしまうことで解決することが可能です。宅配便で送る荷物の量や大きさにもよりますが、料金についてはほぼ同じか安くなることの方が多いでしょう。ホテルと自宅の間で必要になるものだけに限って手荷物で機内に持ち込むという方針にすると身軽になって旅行自体も楽になるというメリットがある手荷物対策です。